FP✖︎PTでお金と人生設計を真剣に考えてみた

FPとPT視点でお金と人生設計の考えをシンプルに伝えます

新NISA対象インデックス型投資信託売れ筋ランキング

2024年1月から新NISA制度が開始します。

 

新NISA制度は非課税期間が無期限であり、長期投資と非常に相性が良くなっています。

 

非課税と無期限の組み合わせからインデックス型の投資信託やETFを選択する方が多くなると

予想されます。

 

今回は2023年11月時点での新NISA対象のインデックス型投資信託の売れ筋ランキングを紹介します。

 

結論として

売れ筋上位の投資信託は純資産額、維持コストともに優秀であり、新NISA制度で安心して長期投資ができる対象と考えます。

 

 

新NISAでは成長枠もインデックス型投資信託対応

新NISA制度では積立投資枠と成長投資枠の2枠あります。

 

成長投資枠は個別株のイメージを持つ方もいると

思います。

しかし、この2枠ともにインデックス型投資信託で埋めることが可能です。

 

つまり、上限額1800万円全てをインデックス型投資信託で使用できます。

 

私の場合は

成長投資枠、積立投資枠の2枠をインデックス型投資信託で埋める予定です。

 

 

新NISA対応インデックス型投資信託売れ筋ランキング

 

出所 AERA Money2023年 秋冬号 

 

上記雑誌では全207本が挙げられていますが

純資産額を考慮すると買うに値するのは20位程度

までが妥当と考えます。

 

上記マネー雑誌は楽天証券利用者は無料で読むことができます。

 

freefppt.com

 

上位の投資信託は純資産額が多いことに加え、

低コストです。

 

純資産額が多くなるほど

繰り上げ償還のリスクが下がることに加え

維持コストも下がる傾向

があります。

 

よって、上記表のインデックス型投資信託を

選ぶことで長期投資が有利になる可能性があります。

 

ちなみに、

私の所有している投資信託は10位以内のものだけでしたでした。

 

 

まとめ

新NISA制度は非課税期間が無期限のため長期投資との相性が良いです。

 

長期投資をする場合、分散されたインデックス型投資信託が選択肢の上位になると考えます。

 

インデックス型投資信託は数多くありますが

純資産額が多く、維持コストが低い

売れ筋上位の投資信託を選択することが長期投資の実現に寄与すると考えます。

 

クリック応援していただけると毎日のブログ更新の励みになります!

にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
 

[blog:g:4207112889948320640:banner]

[blog:g:11696248318754550914:banner]

 

 

 ※個人的な投資についての記事で推奨ではありません。

※投資判断はご自身で行ってください。